<   2005年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

須菩提祖師

須菩提祖師とは、釈尊十大弟子のなかの一人です。
十大弟子には順序があって、須菩提は第一の弟子です。
須菩提は釈尊に解空第一、と称されておりました。

釈尊は人を誉めるのがとても上手だったようです。
どんな弟子にもその優れた面について賞賛し、その得手を引き出すように褒め称えています。
だれが見ても取り得のないような愚か者に対しても、あなたは優れて真面目ですと褒め称えることのできた人で、それはまた、嘘偽りのない真実でもあり、このようなことができた、ということについてもわたしは、それが悟った人の行いなのかと思いをはせるものです。

解空第一というのは、
あなたは空を解く道に非常に優れており、第一人者である、という意味です。
読んで字の如しですが。これが須菩提です。

この須菩提を筆頭に弟子は順に

  持律第一の優波離(ゆうばり)、
  智慧第一の舎利弗(しゃりふつ)、
  頭陀第一の摩迦葉(まかよう)、
  天眼第一の阿那律(あなり)、
  神通第一の目健連(もくけんれん)、
  多聞第一の阿難陀(あなんだ)、
  密行第一の羅侯羅(らごら)、
  論議第一の加旋延(かせんえん)、
  説法第一の富楼那(ふるな)

がおります。

この件については わたしが独自に調べた物であって、わたしの関わりがある僧侶達とはまったく関係がありません。

※ 現在交流のある僧侶達と知り合ったのは
2002年のことで、上記の記述 (孫悟空に関する記述) は2000年に わたしが書いたものを手直しして掲載しております。

この十人が十大弟子といわれます。
羅侯羅 (らごら) は釈尊の息子のラーフラです。
出家してしまった夫のもとへ財産をもらってきなさいと息子を送り、息子は母に言われたとおりに実父の釈尊に言うと、世界一素晴らしい宝物をあなたにあげましょうと言って、彼を弟子にしました。
それぞれの弟子にそれぞれの逸話がありますので、調べて味わうことは楽しいことです。

さて、話を須菩提に戻します。
釈尊のお弟子の中で須菩提は、釈尊の説く「空」について、一番よく理解した弟子でした。
釈尊の理解者で後援者であった給孤独長者の弟の子で、長者が釈尊に祇園精舎を寄進したとき、その説法を聞いて出家したといわれています。

石猿は解空第一の須菩提の弟子になったので悟空と名づけられました。
ここに須菩提の存在理由があります。
(物語の設定環境としての、須菩提という登場人物の存在価値)

須菩提祖師と出合った悟空はすぐさま弟子入りし、師について法を学びます。
人間であったほかの弟子達よりも物覚えが速く、術もどんどん上達してやがて最高位の弟子になります。
師に入門して十年で地殺七十二変化の術をすっかり習得し、師匠に別れを告げて家来たちの待っている花果山に戻ります。
[PR]
by polestar01 | 2005-03-16 21:12 | 登場人物

仏教思想と悟空の生い立ち

仏教にはいろんな体系があり、いろんな門があります。
その源流も今ではここだというひと、あそこだというひと、いろいろでわかりません。
しかし「空」という概念は仏教思想史と仏教全門を通し共通の基本概念です。

それを悟るということはどういうことを指すのか、そもそも「空」とは何か。

インド仏教にその説明をたずねたり、チベット仏教のそれを求めたり、多くの求道者たちが空を求め、空を説明しています。

しかしここでは単に、

「すべてのものごとには実体がなく、そのもの、そのことが何であるかは、他のものや他のこととの関係できまる」

と理解する程度にしてください。
この物語を読むために読者が空を悟る必要はありませんし、空を理解する必要もありません。

「そこに空を悟った人がいた」

と、思ってください。

この空というものを悟る、悟った人は、おそらく意識せずに、ごく自然に、自分の知ったとおりに考え、自分の知ったとおりに言い、自分の知ったとおりに行うことのできる人、いうなれば 『普通の人』 でしょう。

これについても、いろんな人のいろんな意見があると思います。
今はただ、悟った人というものがあって、その人は自由闊達である、と理解するだけで良いと思います。
わたしは仏教について語りたいのではなく、この物語を読みたいのです。
この物語を読む上で必要な、最低限の知識としての仏教についてを書いているに過ぎません。

西遊記によれば、
光がさして天地が始まり、そこには

  東勝神州(とうしょうしんしゅう)、
  西牛賀州(せいごかしゅう)、
  南贍部州(なんせんぶしゅう)、
  北倶蘆州(ほくぐるしゅう)

があったとあります。

孫悟空はそのなかの東勝神州の、
傲来国というところの、
花果山という山のてっぺんで生まれています。

東勝神州とは、東にある勝れた(すぐれた)
神の国、(すばらしい世界)という意味です。

州というのは文明という意味も含んでいます。

この名称を風刺も含めて読みますと

東にあって他の国よりも素晴らしいと
自分で思い込んでいる世界、
という意味になり、
中国とその周辺を含んだ文明の事を指します。

傲来国とは傲慢が来る国、
自負心が来る国という意味で中国そのものです。
昔は世界の中心ということでかの国を
中華と呼んでいたことと同じです。

花果山は花が実を結ぶ山という意味で、やれば必ず結果が出るという山のことです。
その山とはどんな山のことでしょうか。
これがおそらく仏教のことでしょう。
このお話しは、そこからスタートして、そこに帰結します。

その山に石が生まれます。
高さは三丈六尺五寸。およそ12メートルです。

天地の始まりからこの石はあって、
日に照らされて太陽の精を吸い、
月に照らされて太陰の精を吸い、
天地の陰陽の精を吸い続け
ほどなくサルが生まれます。

そのサルのことをはじめ物語では石猿といいます。
石とは頑固、へんくつ、あらっぽい、という意味で、洗練されていない人という意味です。
これは人間の本性です。

猿とは、心猿という言葉があるように
こころを示しています。それも獣のような心です。
このことから
洗練されていない人間の本性から
心がうまれるということが読みとれます。
その出生も含めてこれが、物語のテーマとなっています。

のちに石猿こと、本性丸出しの乱暴者は、仲間をみつけて その中で暮らし、みずから美猴王と名乗ります。
うつくしい心を持っている、洗練されていない猿のような人物として、多くの人たちに慕われ、
そこで王様として大切にされます。

美猴王としての寿命は百年も続きました。
ほどなくその段階も卒業に近づく頃、彼は何をしても楽しめなくなり、つぎのステージを求めて旅に出ることになります。
仲間と別れを告げて王位も捨てて、一匹の猿になっていかだに乗って海を渡り、国々をさまよい、師を求めて徘徊します。

それは何の為でしょうか。
その時の猿の心の中には、ただ、このまま生きているのは空しいから、甲斐のある生き方をするために もっと寿命が欲しいということだけでした。
甲斐のある生き方というそのものについては何か具体的なイメージがあったわけではありません。

毎日を勝手きままに生きるだけでは楽しいだけで何もない、やがて来る死を待つばかりで、その死を防ぐ方法を知らない。

ある日突然閻魔大王が来たら、しおしおとついて行くだけで、まったく抵抗ができないことに気がつき、そうならないためにはどうしたらよいかと考えました。
その心配の為に何をしても悲しくなり、心配でたまらなくなったのです。

いろんな生き物ののなかで死なないものは仏と仙人、神様の三種類ということを智慧者から学びます。
神や仏になるというのは高望みだと思った猿は仙人くらいにはなっておきたいと考え、仙人の弟子になるためにその師を求めて旅に出ます。

ところがいい師匠がなかなか見つからず、花果山をはなれて八、九年のころ、ようやく須菩提祖師という名師にめぐり合うことができました。
[PR]
by polestar01 | 2005-03-12 22:11 | 登場人物

空を悟る者

孫悟空の孫は、単なる苗字であり、それ以上の意味はありません。
名づけの親は須菩提祖師です。
祖師はサルという中国語からとって孫という苗字をつけました。
けものへんを取って孫にするか胡にするかと一度考えて孫にしたのは、弟子を思う気持ちの表現でしょう。
どちらがよいかといえば、古い月の胡より、子孫繁栄の孫を選び、弟子の精進とその後についてを祝っただけのものです。

しかしその名前の悟空についてはとても深い意味があります。物語の中では、

おまえは十番目の弟子だから悟の字を引用して
とありますが、ここに作者の意図があり、
悟の字が十番目でも二十番目でも、
孫悟空の名前が孫悟空になるように、
物語は作られているようです。

なぜなら「悟」とはさとるという意味で、あわせて空を悟ると書き、それが仏教の根本概念だからです。

孫悟空は別名を孫行者(そんぎょうじゃ)ともいいます。
行者とは、宗教的功法によって悟りに到達する道を選んだ人のことを指します。

仏教で悟りを得る道はいろいろありますが、密教においては

  経典(きょうてん)
  功夫(こうふ)
  実学(じつがく)
  秘術(ひじゅつ)

を学び、これらの知識や技術を習得することによって得られた智慧を実践することが修行とされています。

これらを四大法門といって、とくに功夫を最優先に修行する者を行者といいます。

ちなみに経典を優先して学び、そこから悟りへの道を歩むものを研究者といい、人はその人を先生、師匠と呼びます。この物語の中では三蔵の事を指しています。

物語の中で孫悟空は数々の妖怪に勝利することができます。西遊記では仏道 (あるいは単に道) を進むときに遭遇する障害を妖怪という形で表現しています。
功法の実践によって空を悟った者は、修行中におこるいろんな障害を克服する力を持っている、ということです。

その多くの障害の中で、さすがの悟空も手に負えない妖怪も沢山います。
それは、たとえ功法を修め空を悟った者とて乗り越えられない障害もこの世にはたくさんある、ということの示唆でしょう。

物語の中には天帝にさえ手に負えないいろんな障害 (妖怪・怪物・化け物) がどんどん でてきます。

作者は、登場人物を将棋のこまのように配置して、最終的に全員を彼岸に到達させます。

冒頭に書いたようにこの物語はある一人の童話作家の思いつきやイマジネーションによる創作ではなく、作者はただ、その筆を持つ手を物語りにささげており、物語が作者に文章を書かせているかのようです。

ほんとうの作者は、一体誰と言うべきでしょうか。
[PR]
by polestar01 | 2005-03-04 01:33 | 登場人物

宗教弾圧

この物語の書かれた時代の特徴として、中国の密教弾圧があります。
インドから伝えられた仏教は、中国において秘儀体系が完成され、当時の為政者をひどく恐れさせました。
そのため唐朝末期に弾圧が始まり唐武宗(とうぶそう)によって寺が焼かれ、僧は殺されました。

その後、後周の世宗と北宋の徽宗(きそう)との密教弾圧があり、難を逃れた人たちは在家居士(ざいけこじ)として ひっそり密教の法灯を後世に残し伝えました。その当時書かれた西遊記は、南華密教の秘儀についての比喩である可能性が高いといえます。

南華密教とは中国の江南地帯の在家居士に広まった密教という意味です。

唐朝末期から清朝末期までの千何百年という期間には何度となく密教に対する迫害があり、そのたびに寺が焼かれ僧が殺され経典が灰になっており、辛亥革命のあとになってようやく法に触れずに学ぶことができるようになったそうです。

その弾圧下の中国において、千年以上の年月を数えきれない多くの人たちの命をかけた信仰によって守られた教えのエッセンスが西遊記の中にあり、このことを知らなければ、オカルト小説としても面白くないことでしょう。
また、この背景があるからこそ、西遊記という物語が素晴らしい作品となっているのだと思います。数え切れない多くの僧侶の無念の叫びや、多くの人の命をかけた信仰を、物語によって伝えています。

その主人公となるものは、孫悟空という猿です。
この猿が物語の中で大暴れする様子は、いつの時代においてもすがすがしく爽快で胸のすくようです。
それが子供向けの童話であるかぎり、さすがのお上も手を出せなかったことでしょうし、暴れん坊の猿の物語、ということで今日に至るまでの検閲の目を逃れてきたのでしょう。
その事実自体を考えても我らがヒーロー大活躍の面目躍如です。
[PR]
by polestar01 | 2005-03-02 09:34 | 時代背景